【行動録】6月11日 綺麗だなと思った

9時半に目が覚める。 10時半まで布団でぼうっとする。 起きてからもダルさが抜けず、昼過ぎまでぐったり。 午後、親戚のファミリーが挨拶にくる。 難病のおばさんと初めて話す。ずっとニコニコしている。 純粋に、綺麗だなと思った。 見たところ血色もよく、…

大事なのは、憤懣の波と向き合わないこと

神経が昂って眠れない。 某氏が不満をぶつけているメールを読むたび、圧迫感と、敵意と、頭皮欲求、いや逃避欲求が湧き上がってくる。 自分の本心を言えば、シンプルに面倒くさいので、呼びかけに応じて集まる気になれないってことなんだが。 その手を選ぶと…

【行動録】6月10日 しょっぱいスープを飲み干して

朝から息苦しい。 支度をして、家を出る15分前にエントリ「人に言われたことを120%真に受ける癖」を書く。 書くことで少し頭の中が整理されたようなされないような。 行きの電車で、抽象的なことばかりでなく具体的なことをブログに書く習慣をつけよう、と思…

人に言われたことを120%真に受ける癖

人に言われたことを120%真に受ける癖がある 某グループの某人が、一回みんなで会って話し合いたい、返信くださいとの内容を突然メーリスで流した 簡単に言えば、メールの反応がないこと、係を担わない人がいることに不満が溜まって、癇癪を起したのだと思う …

【無敵】解決しないメソッド

行き詰まりを感じたら、やってみよう! 1.今の問題はなんですか?(一つに絞る) 2.それは当分解決しません。 以上。 ーーー 実践例 A:なんだか最近うまくいかなくて、どうしていいかわからなくなってるんです。 先輩:そうか。今、一番悩んでることは…

労働はしてるけど仕事はしたことない

労働日数が週5~6で働くとか無理。もうそんな時代は終焉を迎える。 : 無名音楽家の戦慄なリアルと最前線 http://callitanything.blog.jp/archives/7020911.html まず「労働」という単語の意味を説明すると最低限度の生活を営むために働き、やりがいや楽し…

速度のラットレース

とても危険な考えを見た。 その考えが自分を支配しようとしたとき、早めに気付いて受け流せるように、そのために文章化し、ラベルを貼る。 「速度のラットレース」 世の中の速度というものがある 何歳で小学校、何歳で高校、20代前半までには自立、30には社…

他人に理解してもらいたい

心中に強い感情が渦巻いているのを感じて、その中にあるものを突き止めてみると 「自分を他人に理解してもらいたい」 という切なる思いだった。 自分の過去を理解してもらいたい 自分の過ちを認めてもらいたい 自分の良さを認めてもらいたい 自分の癖を受け…

行動する人が羨ましい

行動する人が羨ましい 行動すれば、必ず結果が返ってくる そこで初めて何かが変わる 何かが変わると次の行動が変わる その連鎖の先には、今いる位置では見ることのできない世界がある 行動しないと、何かが淀み、詰まる わかってはいる いや わかっているな…

カバン型スマホ

カバン型スマホ というテキストだけ打ったメモが、無造作にアイフォーンに保存してある。 これは一週間くらい前の朝にふと思いついたアイディアで、スマホの欠点として、失くした際のリスクが半端ないということ、コンパクトすぎるゆえに気を付けていても失…

深見東州という藤岡弘風のおじさん

深見東州という藤岡弘風のおじさんの広告を見たことがあるだろうか。 大体「強運」という極太フォントの啓発本か何かの広告で、まぁ雰囲気的にそっち系のアレかなと、冷めた目でいつも眺めていた。 しかし先日電車に乗っていると、その深見東州氏が10種類く…

この相談を続けることが果たしていいことなのか

バイト帰りに、数年来お世話になっているNPOの面談にいく。 この相談を続けることが、果たしていいことなのか、という話になった。 NPOの目的は、無業状態・ひきこもりや不登校といった若者の社会復帰を支援することで、5年前わたしが文字通りにっちもさっち…

清廉でないものは排除するという大きな流れ

清廉でないものは排除するという、大きな流れを感じる。自分だけではない筈だ。 そして、その勢いは加速している。 もしもこのまま増幅すれば、ファシズムになるだろう。 とはいえ、史上類を見ない情報の乱反射の時代だから、またどこかで違った転換点を迎え…

カテゴリ分けは事後的に

今時のブログで、カテゴリ分類は極めて基本的な機能だ。 しかし、ブログを続けていくうちに、書く前に「この内容はどのカテゴリかな?」と考えるようになってしまう。 これはちょっとした罠と思う。 書いている最中や草案の段階で、カテゴライズという発想を…

昔描いたマンガを少しずつ捨てる

昔描いたマンガを少しずつ捨てる。 見返すと、変な汗をかくほど恥ずかしい。 しかし、数年隔てて見てみると、悪くはないな、と感じてしまった。 少なくともその時、気持ちを込めて描いていたものだとわかる。 そう思ったら、捨てられなくなった。 このマンガ…

左へ受け流す

たまにツイッターとか覗いて、負のオーラが充満したツイートとその連鎖を目にすると、ひどく疲弊する。 さっき見たのは、某みのさんへの心無いリプライ。 自分もあまり好きな人ではなかったが、高齢の人によくあんな虐めみたいなことができるなあ。 目にする…

ブログの目的は、日記のサンドボックス

知人には見せないブログを書こうと思った。 ツイッターとかブログとか色々やってるけど、それで知り合いになった人とか、元々知り合いの人とか、これを書いたら見た人がどう思うかな?とかためらってしまって、ようは自意識過剰が出張りすぎていて、でも人格…

海沿いの公園で海を眺める

2016年5月28日 横浜駅を下車して、海沿いの公園で海を眺める。 暑すぎず、風もなく、好い天気。 今朝、クリミア戦争とメディアの扇動を特集したNHKのドキュメンタリーを観た。 人は、同時に複数の相手と戦うことはできない。 何かを敵だと認識するということ…