読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6月18日 郊外のスーパー

昨日から今に至るまで、ずーっと鼻水ダダ漏れ

 

全国的に夏日で、部屋の温度は32℃、、、

朝、トーストを解凍してソーセージの残りとレタスを載せてケチャップかけて食べる。これがかなり美味い。

食った後また寝る。

午後に起きて、軽くシャワー。

両親がテイクアウトしてくれたスシローをいただく。

イクラやトビッコはおいしいが、魚は生臭くていまいち。。

従姉妹と少し喋る。鼻と喉がおかしいので、すぐに疲れてしまう。

 

両親が郊外のスーパーに買い物に行くというので、なんとなく車に乗っかっていく。

週末に両親が時々行くスーパーだが、初めて来る。1階建ての大きなお店。3階建てくらいの複合スーパーと勝手に思っていた。

店内が客でごった返しているのを見て、中に入るのは止した。

すぐ先にあった、家電屋と日用品店が入った大きめの複合施設に入ってみる。こちらは子供連れのファミリーが多め。

 

自家用車でスーパーに通い、食料を買い込む人々を見ていると、人間の生活というものが無性に空虚に思えてくる。

いや、パンを求める生活の繰り返しが人生だとしたら、それを空虚と感じるのだとしたら、なおのこと美しさを見つけなければと思う。

 

暑い。バカ。