読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小~中学生のころ、漫画が本当に大好きだった

小~中学生のころ、漫画が本当に大好きだった。

当時の夢は漫画家だった。

 

大人になるにつれて、漫画に対する感じ方は淡白なものになっていった。

もう、本屋の漫画コーナーに行っても、適当な漫画を開いてみても、ワクワクしない。

かといって、小中学生のころに好きだったコミックを今読んだって、懐かしさはあれど、ワクワクはしない。

 

クレヨンしんちゃん、グルグル、ドラクエ4コマ、ワンピース、たけし、ナルト、晴れのちグゥ・・・

コミック一冊読み終えるのがあっという間で、なんだか読み切ってしまうのがもったいないくらいで、何度も何度も読み返した。

記憶を消してもう一回読めたら、と空想した。

毎月買っていたギャグ王の発売日には、文字通り走って本屋に向かった。

 

大事なのは、今、何にワクワクするか、ってことだ。

子供のころの通りでなくていい。

それでも、なにか胸躍るような、夢を抱いて生きて行けたらなあ。