読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大事なのは、憤懣の波と向き合わないこと

神経が昂って眠れない。

 

某氏が不満をぶつけているメールを読むたび、圧迫感と、敵意と、頭皮欲求、いや逃避欲求が湧き上がってくる。

自分の本心を言えば、シンプルに面倒くさいので、呼びかけに応じて集まる気になれないってことなんだが。

その手を選ぶと、逃げたようで嫌だから、おためごかししようとしているから、イライラする。といって癇癪に癇癪をぶつけるのは、よくないとわかっている。

 

こう人と折衝する場面で、心身ひどく追いつめられるのは、相変わらずだあね・・(苦笑)

 

しかし、一歩退いてここ1ヶ月を見返してみると、明らかに良くない波が来ている。

祖母の容態が急変したことをきっかけに、家族内の軽いごたごた、NPOの相談員との関係の変化、今のメールの悩み。

最も大事なのは、この憤懣の波と向き合わないことだ。

つまり今起こっていることに対して、解決意志をもって臨まない。コントロールしようとしないということ。

何かが起こるたびに気分が上下するのは、悪いことではないので、それでいい。

最低限のレスポンスを行うのがよい。

悪い波をやりすごせば、新たな良い波が来るということを、わしは知っているのだ。

 

まー今色々行き詰っているけど、行き詰りの先に思いがけない道が開く感じが密かにしているよ。

 

ハァ~さっぱりさっぱり